KYORITSU共立機械製作所株式会社     
HOME | サイトマップ
TOPご挨拶会社案内業務案内設備一覧アクセスお問い合せ

プローブの先端曲げ加工の流れ : 作業前検査から加工準備


1.装置上にて、針の直進性を
確認致します。
※「NG」品につきましては、NGストッカーへ
スポイルします。
1.装置上にて、針の直進性を確認致します。
2.針立て後の先端径をそれぞれ
認識します。
※先端径の交差は±0.3μ
2.針立て後の先端径をそれぞれ認識します。
3.先端径により曲げ位置を
決定する。
3.先端径により曲げ位置を決定する。


プローブの先端曲げ加工の流れ : 実作業


4.Bending
※内R部にシワが認められず、外R部には
亀裂が発生しません。
4.Bending
5.合格品の選別
※Bending完了後、中線1と2の交点を導き出し、交点から先端径までの距離(先端長)を測定する。
更に、中線1と中線2との角度(θ)を測定し、合格品の選別を行う。
合格品は、製品トレイへ収納され、不合格品はNGストッカーへ
5.合格品の選別


プローブの先端曲げ加工の流れ : 最終工程


6.トータルタイムの短縮
※カードへの取り付け時の先端長ならびに先端径を、曲げる以前から確認を行い、加工(曲げ)へと工程を進める為、針立て後の調整を必要とせず、トータルタイムの短縮が実現出来ます!

<測定データ>
先端長・先端径は、すべて保存されている為、提出可能
※θ≒±1°(レニウムタングステンに限る)
6.トータルタイムの短縮

オプションとして
※基準角度より交差範囲内でのプラス方向側製品とマイナス方向側製品を分別することも可能です。

-1°≦θ(基準角度)≦+1°に基づき、 +・-側と言ったそれぞれの製品を納入するシステムです。
オプションとして

カンチレバー式 プローブ曲げ加工 お問い合わせフォームへ space
 
2009年12月25日
神奈川R&D合同展示会に出店いたします。
2009年10月30日
第10回ビジネスフェアfromTAMA (11月5日新宿NSビル)に出展致します。