KYORITSU共立機械製作所株式会社     
HOME | サイトマップ
TOPご挨拶会社案内業務案内設備一覧アクセスお問い合せ

プローブ曲げ加工 (カンチレバー式)


長年にわたり培ってきた金属精密加工技術を活かし、カンチレバー式プローブの
先端曲げ加工技術を開発しました。
プローブピンの高精度曲げ加工により、コストダウン・作業時間短縮に繋がります。
PROBE 写真
  1. 品質(加工可能範囲及び精度)
  2. 短納期とコストダウン
  3. 納品までの流れ
  4. 「カンチレバー式プローブの先端曲げ加工」を用いた製品例
  5. 特殊プローブニードル設計・製作のご提案

製作の特徴について お問い合わせフォームへ

品質(加工可能範囲及び精度)

先進的な先端曲げ加工技術により、先端長と曲げ角度が安定しプローブ先端の位置決め精度が高くなります。(先端径・曲げ角度の入ったデータシートを提出できます。)
また、ご指定の曲角度から+1°側、-1°側に分けて納入することが可能です。
(オプション)

材質 ( Material ) TungestenRhenium , Paliney®7 , Tungsten
針長 ( Probe Wire Length ) 50mm - 100mm
針径 ( Probe Wire Diameter ) φ0.08mm - φ0.3mm
先端径 ( Tip Diameter ) φ10µm - φ75µm (±2µm)
先端長 ( Tip Length ) 200µm - 1600µm
曲角度 ( Band Angle ) 90° - 110° (±1°)
PROBE 詳細図


短納期とコストダウン

標準で1ロット1,000本※1から、同一仕様で約1週間の短納期を実現します。
これにより、カンチレバー式プローブの計画的な手配が可能となり、トータルコストの低減と在庫数の圧縮に寄与します。
(基本的には、プローブピンのご支給をお願い致します。)
line
※11ロット100本からの発注も可能です。ただし、納期は応相談とさせて頂きます。


納品までの流れ

弊社標準加工仕様をもとに、御社のご要望をお伺いし加工精度・納品仕様・納期・数量のご相談をします。
その後、加工仕様に基づきサンプル※2・お見積りを提出致します。
line
※21回目20本まで無償、2回目以降は有償とさせて頂きます。
(基本的には、プローブピンはご支給願います。)


弊社「カンチレバー式プローブの先端曲げ加工」を用いた製品例

カンチレバー式プローブカードにしてみました。
弊社で構築した曲げ加工技術を用いて、プローブカードを試作!


【加工部全体を撮影したもの】 
サンディング後の先端径が均一にそろっています。


特殊プローブニードル設計・製作のご提案


(設計製作内容)

針径 :φ0.4
針長 :4.0±0.03
針先端位置精度 :±0.025以下
深針材質 :タングステン
ホルダ材質 :NAC材(1.45g)


(製作可能範囲)

針径 :φ0.2~φ0.5
針長 :max 6.0㎜
針位置 :±0.025以下
深針材質 :W、ReW、P7等
ホルダ材質 :Fe(比重7.8)、Al(比重2.8)、PEEK(比重1.45)など
※形状については、別途御打合せとさせて頂きます。


少量の試作加工から量産までお受けします。材質や線径もご要望にお応えできます。
ぜひお問い合わせください。

製作の特徴について お問い合わせフォームへ space
 
2009年12月25日
神奈川R&D合同展示会に出店いたします。
2009年10月30日
第10回ビジネスフェアfromTAMA (11月5日新宿NSビル)に出展致します。